2008年11月14日

葬儀

義父はじょっぱりな人でした。
連休前に数回目の危篤となったのですが持ち直し、帰省していた妻や義弟に「大丈夫だから帰れ」と帰した翌日、また危篤状態となり、こんどはそのまま息をひきとりました。おかげで義母以外は臨終に間に合わなかったのですが、おそらく義父はそのことがわかっていて帰したのだと思います。最後まで、家族にも迷惑を掛けたくないと頑固を通して逝ったのでしょう。


全国的にはどうかわかりませんが、東京では亡くなると、通夜、告別式、火葬、納骨の順ですよね。
青森では、火葬、通夜、告別式、納骨の順らしいのです。
通夜の席では、もうお骨になっているということ。

そんなだから今回も、5時起きで新幹線に飛び乗って、昼からの火葬にギリギリ間に合う始末でした。

なんでこんななんだろう?
posted by waki at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109619736

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。