2008年07月11日

間が悪い

間が悪いというのはあるもので。

うちの会社には、けっこう飛び込みの営業が来るのです。
3年程前に、コピー機を変えたときには、たまたま来た営業の勧めでシャープのコピー機を導入。
リース料もメンテナンス料も、それまでより安くするという営業の話に乗った社長が決めました。

それまで熱心に通っていた、メーカー系のG社の営業さん。

シャープのコピー機の契約の話が進んでいる間だけ、なぜか姿を見せなかったんです。

それで導入後。

G社の営業さん、新しくなったコピー機を見て嘆いてました。


それから3年。

このコピー機、画像は汚いし遅いしといいところのない機械で、別にカラープリンタを購入しなければならないほど劣悪な機械。メーカーの対応も悪いし、別のメーカーにしたくともリースに縛られてどうしょうもないと思いながら使っていたのです。

それが、先週、ひょんなことから飛び込みでO社の営業マン。

今使っているものより格段と高性能でキレイなコピー機が、リース料もメンテナンス料も、それまでより安くするという話をダメ元で社長にしたら、なんと「wakiさんにまかせるよ」ということで導入が決まってしまいました。

その機械が今週入ったんです。
印刷もキレイだし、機能上も問題なし。
大満足で使ってます。


さて、G社の営業さん。

3年前に嘆いていた営業さんは、今年の3月で配置転換とかで新しい営業さんに変わっていました。それまでは毎月数回は連絡をくれていたのですが、新しい営業さんは、とんと連絡をくれません。

昨日、コピー機が導入された翌日。
そのG社から前の営業さんが近所まで来たからと挨拶に見えました。

そこで見たのが、新しいコピー機。

さすが営業です。すぐに気がつきました。

昨日入ったと聞いたら、ものすごい落ち込みよう。


先週のうちに来ていたら、導入はどうかわからないけど、きっと見積はもらっていたと思います。私にしたら性能と金額が合えばシャープ以外のどのメーカーでも良かったのですから。

ほんと、間が悪いものです。

 
posted by waki at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。